ELECTRONIC EQUIPMENT DEVELOPMENT

独自技術でソリューション展開を

「より多くのお客様のお役に立ちたい」この思いを胸に、電子回路・基板・ソフトウェア設計から
製品開発・試作・試験・評価に至るまで、永きに亘って培ってきた独自の技術を応用したソリューションを展開しています。
今まで病院向けの『ニードルハンター』や業務用『Beacon』など数多くのオリジナルコンテンツでお客様の細やかなニーズに応えてまいりました。

  • 電子機器開発

    開発部門では、アナログ・デジタル電子回路設計や基板設計のほか、
    ソフトウェア設計や製品試作・各種製品規格に準拠した試験・評価を行っています。

    自社製品を開発してきた経験をお客様へ

    自社独自の無線技術やネットワーク技術を利用したIOT製品の開発、アプリケーションの開発にも力をいれ事業の柱として取り組んでいます。また、生産中止の部品選定や回路変更等、弊社の自社製品に限らずお客様の製品の実装製造ラインに使用する治工具や実機試験機器の開発も行いお客様にご満足頂けるソリューションも提供しています。

    • 電子機器開発

      アナログ、デジタル回路基板・ソフトウェア・機構・
      筐体の各種設計・試作、評価

    • 製造用設備、冶工具、試験機開発

      機構・制御・部品加工の製作、評価

  • NEEDLE HUNTER / ニードルハンター

    失くした縫合針を探し出して回収し、音と光でお知らせ、床に落ちた縫合針を探し出して回収できます。
    『ハンディタイプ』では、ベッドの隙間や術衣、エプロンなどに潜んでいるマイクロ針を探し出して回収します。

    手術場向けに待望の商品化!

    本商品は独自に開発したアルゴリズムによりマイクロ針も検知、回収します。使い方は、「ON」「OFF」の簡単なスイッチ操作だけで、電源を切り忘れてもAutoPowerOff機能付きの安心設計です。手術針を検知すると、音[ブザー]と光[LED]で知らせてくれます。電極上に電界質が付着しても手術針を選択的に検知します。回転自在な支持構造で操作し易く、コンパクト収納が可能。室内角地も検知、回収が可能で、センサーは現地で容易に交換出来ます。
    また、『ハンディタイプ』は、『ニードルハンター』より極小のマイクロ針を検知、回収でき、電源は入手性の良い市販の釦電池を採用、重さ140gの軽量設計です。※1 『ニードルハンター』は秋田県脳血管研究センターと共同開発した商品で医療機器には該当しません。 ※2 『ニードルハンターハンディタイプ』は当社開発商品で医療機器には該当しません。

  • Beacon Module-Signal Smart-

    Beacon とは、Bluetooth という信号の発信機で、信号を半径数十メートル範囲に発信します。
    各種センサが内蔵されており、センサ情報を発信することが可能です。

    Beacon とは、Bluetooth という信号の発信機です。信号を数秒に1 回、半径数十メートル範囲に発信します。スマホなどの受信端末がその範囲内に入ってきたら、スマホがBeacon の信号を受信します。各Beacon には名前が付いているため、どのBeacon が受信範囲内に居るか、分かります。各種センサが内蔵されており、情報を発信することが可能です。

    また、NFC 端末でBeacon 電源のON/OFF や、発信間隔の設定などを変更することができます。薄型で軽量なうえ、最新のBluetooth 部品を搭載していることで長寿命です。電源OFF 設定で、不要な電力を抑え、電池も交換可能なので、Beacon 1 台を末永くご利用頂けます。

    • サイズ|34 x 86 x 8mm / 重さ|20g
      色|白 / 使用電池|CR2032
    • R 005-101373 日本国内電波法 認証取得済み
    • 認証取得済み

    使用例|高齢者見守り

    発信器(Beacon)と受信機との距離を電波の強さで検知し、受信器を通して見守る側のスマホへ通知。徘徊時は協力者にも捜索依頼を通知し、受信器を増やして場所の特定範囲を狭め、早期発見へ繋げます。